2011年05月10日

リスニングパワー スコットペリー 英語 学習 教材

スコットペリーさんのリスニングパワーは、日本人が英語を聞き取れるようになり、
発音を良くするために開発された学習教材です。


12歳になるまでの生まれ育った環境で英語のスキルはほぼ決まってしまうと言われています。


そして、12歳を過ぎてしまうと、いくら英語を聞いても日本語の似ている音に
置き換えてしまうようになってしまいます。


しかし、アメリカ人言語学者のスコット・ペリーさんがその「壁」を取り払うことに成功しました。


15年間日本人に英語を教えながら、どうすれば日本人が、日本語にない英語の音を
聞き取れるようになるかということを研究し、様々な方の協力を得て
リスニングパワーというネイティブ耳育成プログラムを開発したのです。



リスニングパワーとは、ネイティブの発音とコンピューターをもとに、
英語を学習するにあたり大切なキー・サウンドや、複雑な混合音を広範囲にわたり、
聞き取れるように作られたリスニング用の教材です。


短期間繰り返しリスニングパワーを聴くことで、子供時代から眠っていたヒアリング能力が
目覚めるはずです。


リスニングパワーでは、いろいろな英語特有の発音に焦点を当てていて、
英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、
速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視しています。


リスニングパワーの内容は何年もの研究と経験によるものであり、
リスニングパワーは日本語を母国語とする人専用にデザインされているのです。


リスニングパワーを聞くと、日本語の音に慣れている日本人の耳を
英語耳にすることができるというのです。


リスニングパワーを聞いているだけでも、それまで聞こえなかった英語の音が
耳に入ってくる感覚を体感することができるでしょう。



更に詳しい内容を知りたい方は、こちらをどうぞ。


⇒詳細はこちらからどうぞ







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。